pH&Buffer Mate 100 

YouTube

測定サンプルの前処理に利用できます。

品番 品名 仕様 価格
pH0010 制御ユニット 制御ボックス 20文字4行LCD ポンプ ¥460,000
WD0100 バルブボトルキャップ 電磁弁付きボトルキャップ POM製 ¥49,000
 WD0103 バルブボトルキャップ  電磁弁付きボトルキャップ PEEK製  \59,000
PK0600 ノズルコネクタ PEEK製 テフロンチューブ接続 ¥10,000
PK0311 ノズル PEEK(φ3mm あるいはφ1.5mm 長さ5cm) ¥15,000
pH0200  pH制御セット A 制御ユニット、バルブボトルキャップ(POM)
、ノズル、ノズルコネクタ各1 
¥500,000
pH0300  pH制御セット B 制御ユニット、バルブボトルキャップ(POM、PEEK)
ノズル、ノズルコネクタ各2
\580,000
PHG0100 制御用パソコンソフト pHモニター、制御用パソコンソフト(windows) ¥200,000
PHG0150  接続ケーブル USB-RS232C(パソコンー本体) 接続ケーブル ¥12,000
据付立上費用(オプション) 関東¥10,000 中部関西 ¥30,000 その他¥50,000
PDFCatolog
見やすい4X20のLCD画面と
入力しやすいテンキー

よくあるご質問

オプションでパソコンからのリモート制御も可能!!!
1滴 5ul~の吐出が可能!!!

弊社のバルブボトルキャップを使用しています。
バルブタイプ、材質、キャップサイズなど選ぶ事
が出来ます。

pH制御装置  pH&Buffer Mate 100 

 pH2~12の液のpHを制御します

pHDataPDF

1, 酸・塩基溶液から自動で所定のpHにpHを自動調節します。
2, 希望のシステムにカスタマイズします。

3, 液の制御は最大15まで可能
4, リモート制御が可能で、制御ソフトでの制御も可能

制御条件

カスタマイズでのビルドアップが可能です!

価格に消費税は含まれておりません。。

pH電極は付属しておりません。
リモート制御ソフト・接続ケーブルは別売りです。
修理は弊社での引き取り修理となります。。



主な特徴
1,緩衝液をpH電極にて作製します。
2,反応溶液のpHを常時一定に保ちます。
3,各液の吐出は空気圧がかかった状態での電磁弁のON/OFFによって実現します。
4,微少制御用の場合に、チューブは1/16インチを使用します。
5,滴定機能やpH維持機能があります。
6,反応制御やバイオリアクタ制御装置としても使用できます。
7,制御部にお持ちのpH電極のコードをBNCコネクタで直接接続できます。

ボトル容器には本体ポンプより空気圧力がかかっています。高圧の場合、液はドロップとして飛び出しますので、より精度の高いpH制御が可能になります。
注)液量が100ml程度の少容量で、使用する液が強酸・強塩基の滴定・反応制御はオーバーシュートが多く不向きです。




パソコンからのリモート制御ソフト画面

pH制御の全てをビジュアルに記録可能です。

制御範囲


酸吐出量(赤)

アルカリ吐出量(青)